Freezone

religion 菜園

80befd82 anonymous 2018-04-20 18:09
質問です。

分岐が流行っている時代もあるなら、回収が流行るような時代もあるのではないでしょうか? 例えば、いわゆるアクエリアンエイジ(みずがめ座の時代)といったものも、魂の流行りのようなものなのかもしれません。そうなるとコツコツ回収したものが時代の流れによって一瞬で水の泡になるような出来事もあるのではないでしょうか。Old Timerさんはどんなふうに現代の地球(長い歴史の中で現在をどのような時代だと)を見ているのか、とても興味があります。
dc9ebe7d anonymous 2018-04-21 21:47
>>7276d012
他の魂を、回収することでその魂のケースを抱え込んでしまう、可能性はないでしょうか?
回収出来る時点で、近い過去生で分岐したのでしょうが、1つの人生のケースが重かった場合やっかいではないでしょうか?
e64024ee anonymous 2018-04-22 06:48
ケースを解決する手段が普及していれば回収がトレンドになる時代も来そうですよね。魔法王国の再建とか是非体験してみたいです。
6461502e Old Timer i1b5ibip3kS 2018-04-22 08:15
>>80befd82

惑星規模だと、回収が進むのは、知的種の個体の大量死滅が起こった時などだろう。

>>dc9ebe7d

分岐は重い出来事で生じる。その出来事のチャージは回収で解放される。回収前の魂が個別のものとして抱えているチャージの総量は、回収時に解放されるチャージの量を下回るはずだと思う。
3219a8aa Old Timer i1b5ibip3kS 2018-04-22 08:19
ただし、順序を間違えた融合は回収にはならないはずだ。

A = B | C = B | (D | E)

――ならば、BとDは直接的には回収し合えない。DとEがまずは回収し合ってCになる必要がある。
6744f2a2 anonymous 2018-04-28 20:15
>>3219a8aa
クリアーじゃなくても回収は可能でしょうか?
a3c7ec55 anonymous 2018-04-28 21:00
>>3219a8aa
魂がもともと全ては1つであったなら、軌跡を最初期まで遡ると、エングラムの原因は魂が1つであったときの何かの出来事ではありませんか?
しかし、実際はクリアコグは人それぞれ違うでしょうし、誰かが魂が1つだった時のエングラムを除去したとしても、全ての魂がクリアーになるわけではないですよね?

これって、どういうことなのでしょうか?

ここから先は僕の考察になりますが、小さいセイタン程、ケースが軽く、知覚が過去の出来事を思い出しやすいオープンワイド型で、全宇宙の軌跡上でクリアーコグが浅い所(比較的今に近い過去生)に存在している。
そして、大きいセイタン程、知覚が閉鎖型で、全宇宙の軌跡上でクリアーコグが深い所 (今から遠い過去生、場合によっては京とか桁外れな遠い過去)に存在している。

セイタンが、小さいと言うことは全魂の軌跡の小さい部分しかしめていないことになるから、当然、ケースは軽く知覚は思い出しやすく肉体に依存する能力も、戻りやすい。
逆に大きいセイタン程、ケースが重いため知覚は閉鎖的で過去生においては大きな犯罪を侵していた可能性があり、クリアーになった場合、肉体に依存する能力は大きく向上する可能性が高い。
ただし、閉鎖型であってももともと大きなセイタンであるため、きっかけがあれば直面する能力が高いので、知覚が一気に戻りエングラムを消去することが早い可能性もある。

これは、過去にクリアーになった人で、とても大きなセイタンだった人のケースを参考に考えました。

こんな、仮説ですがどうでしょうか?
7eba8ebb Old Timer i1b5ibip3kS 2018-04-29 19:12
>>6744f2a2

大姉でエングラムを処理すると、同時に回収も行われている。GPMを処理しても扱っても回収は行われる。大姉、NOTs、GPM処理が扱っているケースの範囲は大きく重複している。

>>a3c7ec55

最初のチャージを解決するためには、回収が完全に終わらなければならない。それはすべてのゲームを終わらせることになると思う。

ケースについてのそなたの仮説は基本的に正しいように思う。インプラントGPM、NOTsケース、当人のGPMのうち、どれが特に重いのかには個人差がある。インプラントGPMを処理すれば届く範囲でクリアーコグが生じる人と、ある程度は当人のGPMを処理しなければならない人がいるはず。
ba18cf23 anonymous 2018-05-01 17:40
>>7eba8ebb
そうだとするならば、魂を回収するたびに、ケースのより深い部分まで進んで行くことになり、今の肉体でクリアーになっていればその後に魂の回収で、ケースが深いところまで進んだとしても、回収した別の魂のために、再びクリアーコグを得る必要性はないと言うことで良いでしょうか?

そうなると自分だけがクリアーになるのではなく、他の多くの人達がクリアーになった方が魂の回収、効率が良くなりますね。
こういった意味でも、やはり、惑星のクリアリングや宇宙のクリアリングは必須になりますね。
f2b1612a Old Timer i1b5ibip3kS 2018-05-02 09:50
>>ba18cf23

回収された魂は回収した魂と同一になるのだから、片方がクリアー以上であれば、再度クリアーコグを得る必要はない。

最初の状態に回帰することを目指すのであれば、惑星は宇宙のクリアリングが必要になる。しかし、それを目指すかどうかも、一つの選択だ。
f810c97f anonymous 2018-05-02 23:53
>>f2b1612a
もし、惑星のクリアリングが上手く行ったとして、魂の回収が進んだ場合、魂の総数が少なくなって行くことになりますが、その場合は肉体の数に対して魂の数が足らなくなると言うことはありませんか?

それから、動物の心であるGEについて質問です。
GEは、人間の魂とは別物であることはわかりますが、その正体はなんでしょうか?
55035a37 Old Timer i1b5ibip3kS 2018-05-03 23:09
>>f810c97f

そのうちに魂が足りなくなるだろうね。

GEも元々は魂だったのだよ。GEは人間の肉体の発生も補助している。
dce8ecdc anonymous 2018-05-03 23:40
>>55035a37
魂が足りなくなった場合、抜け殻のボディーはGEのみの動物としての知能しかない人間が生まれるのでしょうか?
差別みたいな発言になってしまいますが、生まれつき知的障害のある人はボディーに魂が宿らなかっなかったGEのみの人なのでしょうか? それとも、ボディーに欠陥があったからなんでしょうか?
8e299336 Old Timer i1b5ibip3kS 2018-05-05 09:17
>>dce8ecdc

魂が足りなくなれば、GEのみが宿る人間も出てくるけれど、別の人間が死亡すると、その人間の肉体にも魂が宿ることになる。

現在の地球環境では魂が不足することはないので、知的障害がある人は、肉体の側に問題がある。
9cc5ae8b anonymous 2018-05-16 12:32
オールドタイマーさんに質問です。

最小のブリッジで、GPM処理をしていたのですが、過去生で薬物を飲まされた出来事を処理していたのですが、途中であくびが連発しました。

ブックワンでは、確かあくびは無意識が解放されてるとかだったと思いますが、良い兆候だと思って良いでしょうか?
07e116c3 Old Timer i1b5ibip3kS 2018-05-17 18:37
>>9cc5ae8b

GPM処理では出来事を直接積極的に扱おうとはしない。しかし、浮上してきた出来事からチャージが取り除かれれば、それはそれで良いことだ。
5f21ac2a anonymous 2018-06-03 20:21
ドラッグランダウンの手順について教えて頂くことは出来ますか?

オブジェクティブまで終えた後、オーグの上司といざこざがあり教会と決別した者です。

もう東京組織へは戻るつもりはありません。しかしブリッジはソロで続けていきたいです。出来ればARCSWまでソロで行い、それから小さな橋でクリアーを目指したいと思っています。

ARCSWまで望む理由は、イマジネーションを強く持つことが望ましい職業に従事したい夢があるからです。

eメーターは所有しています。英語は得意ではありません。メーターは相互M♯1でしか使ったことがありません。目的を果たすのに必要な技術があれば学びたいです。

お知恵をお貸しください。お願い致します。
6ee83448 anonymous 2018-06-11 12:38
OldTimerさんの小さな橋は菜園経験が全くなくても実践が可能でしょうか?
あらかじめ、もしくは同時進行で読んだ方が良い本や行った方が良いこと等ありますか?
5080c900 Old Timer i1b5ibip3kS 2018-06-11 16:30
>>5f21ac2a

ドラッグランダウンは、奇数グレードのプロセスなのに、ソロと相性が悪い。準OTでもOTドラッグランダウンはソロではない。ソロでやるならば、ドラッグランダウンは多分あきらめなければならないだろう。別のプロセスでも同じチャージを扱うことがあるだろう。

>>6ee83448

厳密には、俺の橋ではなくて、UCPと幅度の無人島版の橋の組み合わせだ。菜園経験がゼロという人には難しい。グレードの0やIのプロセスを2つ、3つ受けたことがあるか、レベル0の講演を聴いたことがあるのが望ましい。
3c72af34 anonymous 2018-06-11 21:32
>>5080c900

ありがとうございます。できるだけ協会には関わりたくないと考えています。関係期間とコストを最小で考えた場合、どのコースを希望するのが賢明でしょうか?
a78eafe5 anonymous 2018-06-11 23:10
>>3c72af34
僕はオールドタイマーさんではないですが、定期的に最小のブリッジをやってるものです。

もし、ソロでの感覚を掴むために教会を利用してなるべく組織に関わらず、お金もかけないなら、ダイアネテックス・セミナーとかで良いと思います。

正確なコースの名前か忘れましたが、ダイアネテックスのビデオを見た後、参加者と相互オーディティングするものです。

オーディティングの感覚が掴めれば、大体ソロでもいけそうな気はします。

協力してくれる友人がいるなら、セミナーに、参加しなくてもブックワンを読んで、二人で相互オーディティングをしても良いと思います。

必須ではないですが、TRを最少のブリッジの前にやるのも、良いとオールドタイマーさんは書きこみをしていました。

僕は人形相手にやりましたが、上手く行きませんでした。。

時間もお金もかかりますが、TRを教会でやるか、あるいは、このスレで協力してくる人を募集するのもありだと思います。

基礎知識は、もし書籍等を持ってないなら、ヤフオク等で安く売ってることが多いので探してみるの良いと思います。

後、一度教会と関わったら、電話や手紙等が定期的に来ますが、全く無視しても問題ないです。

d148b8d5 anonymous 2018-06-12 20:00
>>a78eafe5
大姉はちょうどDVDを買ってあり見ました。以前話題にもなっていた大姉と思考は本もDVDも持っています。大姉セミナーは2日で1万円ほどと安価なのでいいですね。色々とアドバイスありがとうございます。
afd4e4e9 anonymous 2018-06-13 17:14
  オールドタイマーさん、皆さん、こんにちは。
  皆さんのなかで、この人は真性SPだと確信をもてる人に出くわしたことがありますか?
  菜園教会への批判とは関係なく、人に害を与え、それを喜びとしている人です。
  私は菜園教会を去った後ありました。
   仕事のことで、「俺は何人も病院送りにしてやった」と豪語し、電気ショック(AEDのことかもしれない)を面白がっていました。
  その人が会社て上司になり、私は長年に渡って傷ついてきました。
  真性SPとは、関係を断ち切るしかないのかもしれません。
  私が、教会で受けたPTSハンドリングは、「はしごをかけておいて外された」ようなことがあって、そのこともトラウマになってうまく対処できませんでした。
  結局、私は会社を辞めました。
  菜園教会で、務めている会社の多額のローンを組んで菜園をやっていて会社で、真性SPが上司になったらと思うと、ゾッとします。
14f42458 anonymous 2018-06-13 17:38
>>afd4e4e9
訂正です

×  その人が会社て
○ その人が会社で

× 務めている会社の多額のローンを
○ 勤めている会社の給料を担保に多額のローンを
da9430d4 anonymous 2018-06-15 15:31
>>afd4e4e9
面白い動画を見つけました。

サイエントロジーとはジャンルが全然違う人ですが、江原啓之さんがSPに関してかなり核心を突くことを話しています。

新幹線殺傷事件に関するコメントで、2分くらいの短い動画です。

https://youtu.be/1Rr7bXwFZeg
980a186b anonymous 2018-06-16 22:11
SPの話題になりましたが、SPの存在性や、存在する意味についてはオールドタイマーさんはどう思われますか?

僕が考えるのは、全ての魂はもともと1つで、自分の嫌いな所を嫌がって分岐させるのだとしたら、SPはもともと善良な魂の一部分だったことになると思います。

そうだとしたら、善良な魂が自分の暴力性や残虐性に気付いて、それを分岐させたことになると思います。

そうして、それに特化した人間がSPではないでしょうか?

つまり、SPのような暴力性や残虐性はほとんど、どのような人間にも備わっていていると言う事です。

では、その暴力性や残虐性にどう対応をするのか?

それは、その暴力性や残虐性を自分と言う人間の中にあるのも認めて、それが自分と言う人間なのだと認める事ではないでしょうか?

幸いにも芸術と言う分野では、それは不良品ではなく個性として表現され認められます。

それが、最も上手く行った例は音楽でありロックであると思います。

どんなに破壊的な表現であっても、それは芸術に消化され人々のトーンスケールを上げます。

スリップノット等が、最も良い例だと思います。

僕はスリップノットのライヴに過去に行った事がありましたが、とてもハードなライヴでぶっ飛んでいましたが、ライヴが終わった時には、会場中が一体感に溢れ愛に包まれていた感じがしました。

つまりは、自分の暴力性や残虐性に気付いてそれを分岐させないこと、そして、どんな、人間にも自分と言う人間を表現する方法が正しいやり方であると言うの事を知って活動をする事ではないでしょうか?
b4a15810 Old Timer i1b5ibip3kS 2018-07-02 22:00
>>980a186b

分岐の影響ももちろんあるんだけど、SPは意識のかなりの部分が過去にとらわれていて、過去の敵と戦い続けているという特徴も持っている。

暴力性は誰にでもあるが、それを本来向けるべき対象とは違う対象に向けているのが、SPの実にSPらしいところだ。
0644f693 anonymous 2018-07-06 07:07
>>b4a15810
ミスキャベッチはどうなんでしょうか?

現状、菜園教会を牛耳って菜園会の全ての混乱の原因になっているのは、ミスキャベッチのように思いますが、ミスキャベッチは実際に、順OTレベルだと思いますし、意識の過去の部分も解放しているでしょうし、分岐もある適度は回収しているのではないでしょうか?
b1948276 Old Timer i1b5ibip3kS 2018-07-06 14:57
ケース上のある要素がどのレベルで解決されるのかは、予想しにくい。俺は近視に悩んでいる。両眼できちんと対象を見ることができるようになったのはソロNOTsに入ってからだから、対象が二重に見えていたのはBTケースと関係していたので、クリアーになっても解決できなかった。そして、近視そのものはまだ解決していない。

御簾下別児がSPであるとしても、その理由が解決されるのは、もっと後になるかもしれない。
26e9dccf anonymous 2018-07-08 19:05
よく教会でフィギュア・フィギュアという言葉を聞きますが、自分の持ってる書籍には定義が見つかりませんでした。どんな意味の言葉かご存知の方がいらっしゃれば教えて頂けますか。
d4c9a326 Old Timer i1b5ibip3kS 2018-07-09 09:21
>>26e9dccf

あれこれと考えているけれども、答えにたどり着いていないこと
29714521 anonymous 2018-07-09 12:17
>>d4c9a326
ありがとうございます!
6394fe02 anonymous 2018-07-10 07:32
オールドタイマーさんは、
この地球には本当の山や森は存在しないと言う説は知っていますか?

どう言うことかと言うと、地球は遠い昔には、おとぎ話に出てくるような超巨大な、木々や森が存在していたと言うのです。

そして、それが何者かによって伐採され搾取されてしまったと言うことです。

映画、未知との遭遇に出てくる、デビルスタワーも遠い昔は巨大な大木で直径6キロもの大きさだったと言います。
実はそれでも、小さいくらいで大きいもので直径60キロもの大きさだったとのことです。
伐採された痕跡は世界中に残っていて、グランドキャニオン等もその一つです。

少し長い動画ですが、それが以下のものです。

前編
https://youtu.be/aW14RAJ35vs

後編
https://youtu.be/z7gPiXTXrak

僕はこの科学的根拠のある仮説にとても、納得させられ、真実であるように思いました。

確かに、巨大な木々や森が描かれた物語は、世界中に存在していて、過去生の一部を思い出した人物が描いたと考えれば納得も行きます。
日本のゲームでは、ドラゴンクエストシリーズの4では、世界樹の話が出てきます。

そして、この地球が森や木々が搾取され、銀河の果てなら宇宙のゴミ捨て場に、選ばれ、監獄として利用されたのも辻褄が合うように思います。

オールドタイマーさんは、どう思われたでしょうか?

是非とも、オールドタイマーさんの意見が聞きたいです。

宜しくお願い致します。
8244964f Old Timer i1b5ibip3kS 2018-07-12 09:03
>>6394fe02

巨大な切り株は見つかっているが、木がそれに比例して高いとは考えにくいと思う。

衝撃に対する生物の体の強さは長さの二乗倍だが、生物の体の重さは長さの三乗倍になる。幹の直径が二倍になり、高さも同じく二倍になると、幹の強さは四倍だが、木の重さは八倍になる。つまり、折れやすさは二倍になる。
baa1a087 Old Timer i1b5ibip3kS 2018-07-12 09:06
その一方、例えば、地球の重力が昔は弱かったという説もある。その説が正しければ、昔、巨大な木が存在していたのかもしれない。
b0a60f7e anonymous 2018-07-12 19:58
>>baa1a087
長編の動画の鑑賞と、考察ありがとうございます。

もし、実際に巨大な木々が地球上に存在していたなら、そのような惑星はこの宇宙に数多く存在しているのでしょうか?

僕は宇宙全体でみても稀な気がします。

オールドタイマーさんの、地球の重力が昔は弱かったという説もあると言う書き込みにヒントがあるように思います。

色々な条件が揃わなければ、木々が大きく成長することは難しいように思いますし、世界中で巨大な木々の物語はあっても、菜園ではそういった過去の文明の話は、僕は聞いたことがないからです。

それは、今、地球上にいるセイタンの多くは、その時代はまだ地球の外の惑星にいたと言うことなんでしょうか?
81d4f875 Old Timer i1b5ibip3kS 2018-07-13 14:41
>>b0a60f7e

太古の恐竜は現在の鯨のように大きかったけれど、地上を歩いていた。

アリはその体長の10倍の高さから落下しても怪我一つしないけれど、人間が17メートルの高さから落下すれば大怪我してしまう。大きくなるということは、重力と衝撃に弱くなるということでもある。恐竜の体長が人間のそれの10倍ともなると、耐えられる衝撃の総量は100倍、体重は1000倍になる。カルシウム性の骨では耐えられないのではなかろうか? 恐竜が地上を闊歩するためには、重力が小さくなければならない。

恐竜が無事に暮らせるほど重力が小さい惑星の上ならば、木々もとても大きくなれる。

重力が強まっていったことは、塵や小惑星の落下が続いたことで説明がつくかもしれない。

しかし、大きな問題が一つ残る。巨大な生物には十分に濃い大気が必要だが、重力が小さい惑星は、大気を失う。だから、重力が小さく、恐竜が闊歩し、巨木が生い茂る惑星環境には、大気を閉じ込める天蓋が必要だ。

地球は人工惑星ということになってしまう。しかし、この大胆な仮説を採用すると、地球の環境が生物にとってあまりにも都合が良いことをうまく説明できるのは確かだ。
013d3b57 anonymous 2018-07-14 00:36
>>81d4f875
やはり、オールドタイマーさんは凄いですね。
僅かなヒントから、誰も想像し得ない仮説にたどり着きましたね。

この地球と言う惑星を、何者かがゼロから作ったのかあるいは、もともとあった惑星に手を加えて作ったのかはわかりませんが、世界中に伐採、搾取の痕があることを考えると、もともとそういう計画の元に創られていたと考えた方が自然かもしれませんね。

確か、この銀河系の大きな2大文明がありましたが、その末裔の生き残りが宇宙空間にアニメのガンダムとかに出てくる、コロニーのような居住地を建設するために、資源供給用に創られ使用された惑星だったと、この地球は考えられないでしょうか?

これも、仮説ですがコロニーを造るために、一つの惑星をゼロから創ったか、あるいは、条件の良い惑星に手を加えたにしても、かなりの大規模であり、相当な科学技術や物資の移動を考えるとかなりの空間の移動技術があったと思いますが、現在でもそのような科学技術のある文明はこの銀河系に存在しているのでしょうか?

オールドタイマーさんは、どう考えますか?
aff17e82 anonymous 2018-07-14 19:20
  みなさん、こんばんは。
  いろいろな仮説で盛り上がっているところに、お邪魔して申し訳ないのですが、私の心に思うことを述べさせていただきます。
  もし、抑圧的に感じるのなら、無視してくださっても構いません。
  オウムの、麻原彰晃らの死刑が最近執行されました。
  私は、地下鉄サリン事件のあったあとマスコミが、オウムオウムと大騒ぎしたことに何か違和感を感じています。オウムだとわかっているのならなぜその前に報道が何もなかったのか?わかっていないのなら、なぜあの段階でオウムが犯人だと決めつけるような報道をしたのか。サリン事件に巻き込まれたときどうすればいいかということについて報道がなぜ少なかったのか・・・疑問はつきません。
  菜園はオウムのやった薬物や電気ショックに前から反対していたのでオウムに敵対するのはわかりますが、あの事件以来、新興宗教全体が、日本では、「悪」と思われてしまったような気がします。
  それと同時に、コメンテーターとしてTVに出ていた「精神科医」の力が、日本で強くなったような気がします。
  私も、詳しくは言えませんが、オウム事件の影響を受けました。仕事に支障をきたしました。
  ちなみに私はオウムの信者になったことはありません。
   みなさんは、オウムについて、どう思っていらっしゃるのでしょうか?
d8505c31 anonymous 2018-07-16 21:20
林郁夫の自供よりも前から地下鉄サリンがオウムの仕業じゃないかと騒いでたのは、警察関係者や報道関係者内にばら撒かれた怪文書「松本サリン事件に関する一考察」の冒頭に「サリン事件は、オウムである」との記述があったこと、松本サリン事件より前から麻原が教団内で「オウムがソマンやサリンの攻撃を受けている」と信者に向かって話していたこと、教団施設周辺でサリンが実際に検出されていたこと(オウムは旧ソ連製の毒ガス検知器まで所有していた)、1995年3月22日のオウムの監禁事件の強制捜査の際に警察が防毒マスクを着用してオウム施設へ突入したこと、強制捜査の前日に信者達が教団内の物品をトラックに大量に積んで山梨県に夜逃げしていたことなど、警察もマスコミもオウムは限りなく黒、といえるだけの根拠を当初から持っていたからだと思います。

菜園は特別業務課が他宗教とのネットワークを構築していて、オウム信者とも接触していたんだけど、オウム内でLSDや覚せい剤が使用されていたことと教団内で精神科医が強い影響力を持っていたことが分かってからは、宗教に対するイメージを悪化させる為の大掛かりな動きがあった可能性を考えて、当時メディアでオウム批判を繰り広げていた弁護士とか精神科医とかその他関係者に注目していたのは事実。

オウム真理教ではCIAの型落ちの洗脳技術(PDH)を使用していたこと、覚せい剤やLSD、ハルシオンを製造して密売していたこと、かつてスカルアンドボーンズ会員だった苫米地英人のサブリミナル研究の論文をテレビ局経由で入手し所蔵し実際に使用していたことなどから、直接的もしくは間接的にアメリカCIAの影響下にあった組織だと思ってます。

ちなみに苫米地英人はスカルアンドボーンズを抜けてオウム信者の脱洗脳や記憶再生で捜査に協力し始めたので、オウムシスターズの長女(出会った時にはすでに脱会済み)と結婚したことを週刊誌に「患者に手を出した悪徳カウンセラー」とか書かれて潰されかけたんですが、最近はメディアに復活して来てますね。彼はオウム事件より前は黒だったけど今は白だと思ってます。彼なりに事件に自分の研究が利用されたことを重く感じて責任を取ろうとしましたから。
2a3e4301 anonymous 2018-07-16 21:30
PDHは、pain(痛み),drug(薬物),hypnosis(催眠術)の頭文字です。念のため。
7756cf2c anonymous 2018-07-17 11:09
>>d8505c31
とても興味深い話です。CIAは何を目的に影響を与えていたのでしょうか? スカル・・・という結社も初耳です。戸間部知も何らかの形でCIAと通じていたのでしょうか?
93551b5c anonymous 2018-07-17 23:16
>>aff17e82
先ほど、テレビでオウムの特番やってましたね。
率直な感想としてはオウムは完全に狂っていたと思いますよ。
麻原が、完全に頭がイカれてたと思います。
麻原に洗脳された、死刑になった教団幹部の人達も加害者でありながら同時に被害者でしょう。
薬物を教団員に服用させ、真実を知らせず麻原の超能力により、神秘体験をしたと信じこませ、拷問により思考能力を奪い洗脳する、、
そして、脱退しようとする教団員は絶対に許さない、、

もはや、イカれ具合は現在のサイエントロジーどころではないです。
ミスキャベッチが可愛く見えるくらいですよ。

以前にも、オウムの話題になりましたが、麻原に神通力や、超能力、そういった能力はありませんよ!
あっても、3流で頭がイカれてたから、教団員に薬物を使用して洗脳して、そういうやり方で教団の規模を拡大していったんでしょう。
143b697b Old Timer i1b5ibip3kS 2018-07-18 13:37
>>013d3b57

今の俺たちの想像をはるかに超えた科学力だろうねぇ。科学より魔法に近く見えるかも。
4167b307 anonymous 2018-07-18 19:37
>>7756cf2c
スカルアンドボーンズの会員(ボーンズマン)がCIAの歴代長官をやってることくらいしか…CIAの目的は分からないですね。

生存の科学でも書かれていたCIAの「MKウルトラ計画」の洗脳手法の技術文書がオウムへと渡っていたこと、LSDと電気ショックと催眠暗示を用いたオウムの洗脳方法がMKウルトラの洗脳被害と酷似していること、MKウルトラ計画の主な実験目的の1つと言われる「洗脳を施した人間による要人暗殺」に類する警察庁長官狙撃事件が迷宮入りしてしまったことなどが、オウム事件の背後にCIAの関与を疑っている主な理由です。

ちなみに警察庁長官狙撃事件は、犯人だと名乗る人物が2人いて、1人はオウム信者の小杉元巡査長で、目撃情報と小杉の風貌が一致、コートから検出された火薬反応も現場に残っていた火薬反応と一致、しかし犯人の映る防犯カメラのテープが誤って焼却処分されたり、練習のために試し撃ちしたと証言する看板を発見後に、看板の行方が分からなくなったりして証拠不十分で捜査が頓挫してしまいました。

もう1人の容疑者は中村泰で、オウムの一連の事件を長らく放置していた結果として発生した地下鉄サリン事件の責任を取らせる目的から長官を狙撃した、などと自供。しかし目撃情報と容疑者の容姿が合致せず、また物的証拠も見つかりませんでした。そのまま時効が来てしまい、この事件に関しては迷宮入りです。
fd97c02b anonymous 2018-07-18 21:02
オウム事件当時、自衛隊の陸軍で作戦幕僚をしていた池田整治氏の動画がありました。
https://youtu.be/npN_BuVY6E8
陰謀論で有名なリチャード・コシミズも隣で喋っていますが無視してください(笑)

こちらは國松長官狙撃事件についてのソース動画です。
https://youtu.be/UBf44DDd5yU
68d37e3d Old Timer i1b5ibip3kS 2018-07-20 23:16
>>aff17e82

突き詰めれば、自分の進歩を計る方法を持っていなかったことが、オウムという宗教の弱点だった。

これはどこかで言ったことがあると思うが……

子の曰わく、 「吾十有(ゆう)五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(したが)ふ。七十にして心の欲する所に従って、矩(のり)を踰(こ)えず。」

孔子が15歳で学問を志したのは、高校受験を間近にした受験生のようだ。

彼がまともな職に就いたのは30歳の時だった。ちなみに、彼が仕えた主君のほとんどは30代で死んでいる。1750年にスウェーデン政府が世界で初めて国民について広範な統計調査を行ったとき、スウェーデン人の平均寿命は38年だった。

40歳で惑わず、50歳で天命を知った孔子は、60歳になって、「耳従う」境地に至る。周りにいる人のほとんどは孔子の年齢の半分にも満たない若者で、当時は社会変化もとても緩慢であったはずだが、それでも孔子は若者から学び続けた。

「惑わず」とか「天命を知る」とか言っているうちは、まだまだだ。コグが大げさなうちは、まだまだだ。行なりプロセスなりが本当に効果を上げると、世界で起こっている様々なことが、自分に大して小さなことになっていく。当然、コグも一見控えめになる。でも、「耳従う」は自分の知力だけでなく、他人の知力も使いこなす境地だ。「天命を知る」よりはるかに高いところにある。
aa053bc7 Old Timer i1b5ibip3kS 2018-07-20 23:18
>>68d37e3d

訂正:「自分に大して」→「自分に対して」
37816cc5 anonymous 2018-07-20 23:40
>>68d37e3d
オールドタイマーさんの指摘はいつも本質を突いていて参考になります。

菜園においては、自分の進歩を測るのはどのような方法があるのでしょうか?クリアーはクリアーコグで測るとして、そのような段階があるのでしょうか?また、幅度や現在の協会は浅原や他カルトとかぶります。一方、自由領域はその辺りの弱点を克服しているように私には見えます。今後の菜園の未来がどのような方向にあるのかご意見をお聞きしたいです。
c58914a7 Old Timer i1b5ibip3kS 2018-07-21 10:57
>>37816cc5

初期の菜園では、幅度がまだ他の思想に興味を持っていた。だから、全てがうまく回っていた。自由領域があまり深刻な問題を抱えていないのも、他の思想への関心によるものだと思う。

Top of this page. | 0 1 2 3 old>> | Archive | Mobile

limit: 1536KB

religion 菜園

(Freezone/200/0.2MB)

Powered by shinGETsu.