Freezone

408690cd 名無しさん 2017-12-02 07:08 返信
オールドタイマーさんに質問です。
僕は一つか二つ前の過去生が、世界的に有名なアメリカのギターリストだったのですが、現在では当時のギターを演奏する能力と英語を話す能力は失われています。

ギターの練習をして、演奏したり、英語の勉強をして人と英語で話したりすると、当時のことを思い出したり、ギターや音楽の技能や言語が戻るきっかけになるでしょうか?

また、L&Nのエラーが英語であった場合、修正をするには当時の出来事を思い出すだけでなく、はっきりとした英語で思い出さなければ、効果は期待出来ませんよね?
4048edc9 Old Timer 2017-12-02 09:12 返信
>>408690cd

魂はかなり頻繁に分裂する。分裂のたびに、資質や技能は失われる。それらの回復には、再統合が必要になる。分裂を防ぎたければ、自分自身を愛することだ。

L&Nエラーは正しいアイテムを見つければ修正される。出来事を思い出す必要はないが、アイテムは正確なものでなければならない。英語でしか表現できないものが正しいアイテムであったとしたら、日本語でそのアイテムを正確に表現することはできない。しかし、ソロではアイテムを言語で表現することなく扱えるだろう。デュアルでも不可能ではないはず。
3210d7ae 名無しさん 2017-12-02 11:23 返信
>>4048edc9
L&Nエラーに関して、良くわかりました。
魂の分裂の事ですが、転生の際にはほぼ分裂はするのでしょうか?
ちなみにギターリストだったときの死因は、飛行機事故によって若くして命を落としました。
天才的なギターの演奏技術を持っていて、既に名声も手にして、家族関係も良かったので、不慮の事故を除いてはその時の人生は順調だったように思います。

また、分裂した魂と再統合するには、どうすれば良いですか?
87851b83 名無しさん 2017-12-02 18:44 返信
>>3210d7ae

関係ないけど、ファジーコントロールの樹音はギターが上手いよね。
31b87f2d 名無しさん 2017-12-02 18:53 返信
>>3210d7ae

再統合は、その人がセイタンの本体(マスターライン)か、それとも分身(複製)か
で扱いが変わってくるのではないかと思います。
1c6717a4 名無しさん 2017-12-02 19:20 返信

確か、LRHが講演で、「美的感覚は、反応心が抑制要因となることなく
機能するので、ビッグセイタンは偉大な音楽家となる可能性がある。」
と言っていたような。

でも、政治家とか軍人とかだと力の抑制(ストップ)要因が働くから、
ポテンシャルがあっても能力を発揮することは難しいということかな。
fd0fc274 Old Timer 2017-12-03 19:21 返信
>>3210d7ae

分裂はしょっちゅう起こる。転生の時にも起こるが、普段の生活の中でも起こる。

分裂を予防するには自分を愛するのが良い。

再統合の頻度を増やすには、他者の幸福を願うのが良い。

特定の魂と再結合するには、自分がその魂に注意を向け、その魂の注意を自分に向けさせるのが通常のやり方だ。クリアー以前ならば、分裂の瞬間を大姉で扱うこともできる。
8a0961d1 Old Timer 2017-12-03 19:25 返信
>>1c6717a4

うむ、どの講演だったか忘れたが、幅度はそう言っていた。

しかし、美的感覚もより広範なケースの影響を受ける。
8e69c752 名無しさん 2017-12-03 20:33 返信
>>fd0fc274
つまり、魂の分裂が日常的に起こっているなら、自分の過去生と同じ軌跡を持つ魂が無数に存在するということですか?
その場合、同じ軌跡の魂が過去を処理してクリアーになった場合、自分もクリアーになると、言うことは起こりえるのでしょうか?

クリアーでなくても、自分と同じ軌跡の魂はなんとなくわかるものですか?

生きてる人間同士で、魂の再結合も可能てしょうか?
c1a51b3a Old Timer 2017-12-03 22:33 返信
>>8e69c752

そう、そして、より遠い過去の経験ほど、より多くの魂によって共有されている傾向がある。

クリアーの段階では、他の魂に対しての影響は大きくない。でも、NOTsで扱うケースの大部分は、自分のケースというより、他の魂のケースになる。

2つの魂がどちらも肉体に宿っている間、再結合は起こりえないだろう。

[0]トップ | [2]ページの先頭 | [6]古>> | 保管庫

ネットワーク利用規約
(最大: 1536KB)
名前:
E-mail:

(Freezone/200/0.1MB)

Powered by shinGETsu.