Freezone

23d39ea5 名無しさん 2018-02-05 22:07 返信
>>6e7ede4d
奨学金の投資証券は、なかなか面白いアイデアだと思います。
実用化するのは難しいかもしれませんが、普通はそう言う発想は出来ないと思います。
オールドタイマーさんの言う投資が善だと言う考え方が良く理解できましたし、借金で回る社会よりも、投資で回る社会になった方がはるかに健全な社会になるように思います。
0a41e59d 名無しさん 2018-02-10 21:35 返信
オールドタイマーさんに、暗号通貨に質問があります。
暗号通貨に手を出していないと仰っていたので、わからないかもしれないですが、暗号通貨の値動きが大きくあるのはどれくらいの時期くらいだと思いますか?

今年1年で利益が億まで、もう少しで届きそうだった僕の友人が言うには、一般層まで暗号通貨の情報が広まってきているので、今年1年くらいまでが儲けられるチャンスじゃないかと言っていました。
ただし、去年ほどチャンスは少ないとも言っていました。

オリンピックまでは、チャンスがあると言う人もいますし、ビットコインが10年後には1000倍の価値になると、言う情報もあるので実際なにが本当なのかわからないのですが、僕の個人的な感想としては、テレビのCM等で暗号通貨が一般層に、多く知られるようになりましたが、先日のコインチェックの事件が起きて暗号通貨に手を出すことに躊躇している人も多くいると思うのです。
今後、それが解消されて一般層に広く暗号通貨が知られるようになった時が、多くの人が暗号通貨の投資に参入し、その時に史上最も暗号通貨の値動きが来る時代が来るのではないかと思うのです。
それが過ぎた時に、市場は徐々に飽和化して値動きが少なくなって行くのではないかと、思うのです。
しかし、値動きは少なくなって、今のような短期間に何倍も価値が上がるようなことはなくても、徐々に価値は上がり、
対照的に、一般層に暗号通貨が浸透することでコンビニや、各種公共機関でも当たり前のように暗号通貨が使える時代が来るように思うのです。

オールドタイマーさんは、どう思われますか?

また、サイエントロジーでは、物事の始まり?繁栄?飽和までのデータは何かないでしょうか?
0ebd02d4 名無しさん 2018-02-10 22:07 返信
訂正

オールドタイマーさんに、暗号通貨に質問があります。
暗号通貨に手を出していないと仰っていたので、わからないかもしれないですが、暗号通貨の値動きが大きくあるのはどれくらいの時期くらいだと思いますか?

去年1年で利益が億まで、もう少しで届きそうだった僕の友人が言うには、一般層まで暗号通貨の情報が広まってきているので、今年1年くらいまでが儲けられるチャンスじゃないかと言っていました。
ただし、去年ほどチャンスは少ないとも言っていました。

オリンピックまでは、チャンスがあると言う人もいますし、ビットコインが10年後には1000倍の価値になると、言う情報もあるので実際なにが本当なのかわからないのですが、僕の個人的な感想としては、テレビのCM等で暗号通貨が一般層に、多く知られるようになりましたが、先日のコインチェックの事件が起きて暗号通貨に手を出すことに躊躇している人も多くいると思うのです。
今後、それが解消されて一般層に広く暗号通貨が知られるようになった時が、多くの人が暗号通貨の投資に参入し、その時に史上最も暗号通貨の値動きが来る時代が来るのではないかと思うのです。
それが過ぎた時に、市場は徐々に飽和化して値動きが少なくなって行くのではないかと、思うのです。
しかし、値動きは少なくなって、今のような短期間に何倍も価値が上がるようなことはなくても、徐々に価値は上がり、
対照的に、一般層に暗号通貨が浸透することでコンビニや、各種公共機関でも当たり前のように暗号通貨が使える時代が来るように思うのです。

オールドタイマーさんは、どう思われますか?

また、サイエントロジーでは、物事の始まり?繁栄?飽和までのデータは何かないでしょうか?
4af4b63c Old Timer 2018-02-13 09:15 返信
>>0a41e59d

中世ヨーロッパでは商会が国家に対抗して独自の通貨を発行したりしたものだ。暗号通貨も国家への挑戦という点では同じだ。

しかし、今や、暗号通貨の種類は国家が発行する管理通貨より多くなっている。今後に起こるのは淘汰だろう。

そなたは、「去年1年で利益が億まで、もう少しで届きそうだった僕の友人」という表現を使っている。利益の額を語るのに使っている単位は「円」だ。「利益が100ビットコイン」のような表現を使う人にまだ出くわしたことがない。みんなが欲しいのはまだまだ「円」「ドル」「ユーロ」などであって、「ビットコイン」「NEM」ではないのだ。浸透には時間がかかるように思う。
db5eae55 名無しさん 2018-02-13 22:01 返信
>>4af4b63c
なるほど。確かに、言われて見れば円やドル、ユーロが欲しいための投資としての暗号通貨と言うのが実情ですね。
一般浸透がまだまだ先と言うことは、投資のチャンスとして考えるなるば、暗号通貨が一過性のものでないならば、これから大きなチャンスはあり得ると言うことでしょうね?

中世のヨーロッパでは、商会の独自の通貨はどのような存在になったのでしょうか?
9eb3bcbc Old Timer 2018-02-14 23:53 返信
>>db5eae55

受け渡しまで暗号化する通貨が登場し、その通貨で富を蓄える人が出てきたとき、国がどう反応するかが関心事になると思う。今の日本の制度だと、例えば、ビットコイン建てでNEMへ投資し、発生した利益をビットコイン建てで確定させた場合、ビットコインで何かを買うまでは課税されない。暗号通貨の本当の魅力は、やはり、この可能性、つまり、国家に対抗できるかもしれない可能性にあるのだと思う。しかし、ビットコイン建ての利益に国家が課税し始めれば、ビットコイン他仮想通貨の魅力は乏しくなる。少なくとも、取引所に依存している暗号通貨は暴落を免れないだろう。

中世ヨーロッパの商会はどうしたかといえば、武力で主張を通した。メディチ家はトスカナ大公国という国まで作って、既存の国家に対抗した。今の暗号通貨投資家にとって、国家に対抗する手段は何だろうか? それが分かれば、暗号通貨の未来も見えるはず。
5c8ce657 名無しさん 2018-02-20 20:54 返信
>>9eb3bcbc
メディチ家はトスカナ大公国という国まで作って、既存の国家に対抗した。


まるで、漫画のマギのシンドバッドみたいですね。
オールドタイマーさんは、漫画のマギ知ってますか?
多分、作者はこういう逸話も参考に創ったんだと思います。
マギは、世界の在り方に色々考えさせられる漫画ですが、オールドタイマーさんは、今後どのような世界、文明になるのが理想だと思いますか?

国家は国民の平和や自由のためにあるべきだと思うのですが、今の日本は国と国民でお金の奪い合いをしているような感じがして、世界的に治安は良くても、幸福にはほど遠い気がします。

日本は所得税が高すぎるせいで、飛び抜けて儲けなければ真に富を築くには難しいので、資本主義なのに社会主義と変わらないって話しも聞きます。

これでは、頭の良い事業家は海外の税金のかからない国に行ってしまいますし、パナマ文章の問題とかでも明らかになりましたが大手企業も、出きるだけ納税を逃れようとしますね。

僕は、経済、政治は素人ですが、結局これではいくら税金を高くしても、税金が高いせいで国民の消費は少なくなってしまいますし、経済的に悪循環で国民の生活も厳しく、富を得られる希望も少なくなってしまうと思います。

今の日本て、民主主義なのに最も効率良く経済 が回る方法とかも優秀な誰かが知ってて実用化出来るはずなのに、それが出来なくて、王制じゃないのに特定のなにかのルールや規制に縛られてる気がします。
独裁者はいないけれど、変わりに規制された今までのルール、誰もコントロール出来ないシステム化された国家のシステムが日本を独裁してしまっている気がします。
王制でもなく、独裁者はいないのにみんな何かに縛られてるのって、何だか滑稽な気がします。

結局、今の日本のシステムや世界のシステムは逸脱していて不十分で、世界のごく一部の人達が全世界の権利、富、金を牛耳ってるのが真実だと思います。

オールドタイマーさんは、今後どのような世界、文明になるのが望ましく、多くの人が幸せになることが出来るようにするにはどうすれば良いと思いますか?
b4e48872 Old Timer 2018-02-22 10:01 返信
>>5c8ce657

『マギ』には自由領域的な世界観がたっぷり含まれてたね。ああいう法則で成り立っていた宇宙もあったかもしれない。

日本の所得税率は今や最高で45%くらいになっていて、むしろ低すぎることが問題かもしれない。

もともと、戦後の日本は、資本家(株主)の利潤に40%、労働者の所得に最高で75%の税率を課す国だった。これで、高度経済成長を実現し、1980年代の好況にたどり着いた。税率の差が35%にもなっていたので、高給労働者は資本家になっていった。

しかし、株式投資の配当と利益に課税されるようになって、うまくいかなくなってきた。

1 - 1 × (1 - 0.4) × (1 - 0.2) = 0.52

現在、資本家の利潤には52%、労働者の所得には最高で45%の税がかかっている。これでは、起業して資本家になるより、高給労働者でいるほうが得になる。今の日本で起業しているのは、主に、労働者としては成功できない人々なのだと思う。

デンマークだと、資本家の利潤に20%から36%、労働者の所得に最高で65%くらいの税がかかる。リスクが大きい資本家の利潤にかかる税の率は低く、リスクが小さい労働者の所得にかかる税の率は高い。
3abc2743 Old Timer 2018-02-22 10:06 返信
労働者側はしばしば「実効税率」を持ち出すのだけれど、政府の優遇策で企業が支払う税の額が減るのは一時的な措置で、税率が同じならば、より多くの税を将来に払うことになることが多い。例えば、減価償却のペースを速めるのは、償却が生じる年の納税額を引き下げるけれど、償却の年数を減らすことにもなる。
582e104e Old Timer 2018-02-22 10:27 返信
僕が日本の絶対権力者であったら、まず、法人の利益と投資家の利益にかかる税率を20%に引き下げ、投資家の利潤と労働者の所得から控除をし引いた部分にかかる税率を80%にまで引き上げる。

労働者には120万円の基礎控除があり、さらに、生活費などの消費も控除される。例えば、500万円の所得があり、300万円を生活費として使ったら、

500万円 - 120万円 - 300万円 = 80万円

80万円が課税対象になり、64万円の税を支払うことになる。

投資家は売買差益について20%の税を払い、配当については労働者と同じ条件で税を払う。

消費すればするほど、支払う税は小さくなるのだから、高額所得者は頑張って消費しなければならなくなる。

ここで、投資は消費と見なされない。株や貴金属を買っても、消費控除に加算されない。自動車を転売して利益が上がったら、その自動車を買ったことは消費とみなされていたが実際は投資であったことになり、過去に遡って追加課税され、買った時の価格の80%を追加で支払うことになる。

[0]トップ | [2]ページの先頭 | [6]古>> | 保管庫

ネットワーク利用規約
(最大: 1536KB)
名前:
E-mail:

(Freezone/200/0.1MB)

Powered by shinGETsu.